『イミダゾールジペプチド』を徹底解剖(3)イミダゾールジペプチドの効果的な摂取法

鶏胸肉は「スープ」でどうぞ!

先のページにもあったように『イミダゾールジペプチド』は200~400mgを毎日摂取するのが理想とされています。では、たとえば200mgを摂取するのに必要な食材とその量は?
実は、とても身近な食材にイミダゾールジペプチドは含まれています。その食材は「鶏胸肉」です。鶏胸肉のおよそ約100gに、200mg分の『イミダゾールジペプチド』が含まれているのです。しかし、どんな食べ方でも『イミダゾールジペプチド』を摂取できるかというと、そうではありません。『イミダゾールジペプチド』を摂取するのに一番適したメニューは鶏胸肉をじっくり煮込んだ「スープ」です。鶏胸肉を熱水で約30分煮込むことで『イミダゾールジペプチド』がスープに抽出されます。
みんなでおいしく鶏胸肉を食べて、『イミダゾールジペプチド』で疲労に強いカラダを目指しましょう。

鶏胸肉は「スープ」でどうぞ! 画像

継続は力なり。続けることで「疲労」に強い体に!

様々な実験結果から、「イミダゾールジペプチド」が最も力を発揮するのは摂取開始数日後から、継続摂取した2週間後以降ということが分かってきました。疲れた時にすぐ取るだけでは、せっかくの抗疲労効果もその力が存分に発揮されないのです。「疲労」に打ち克つ体になりたい! そう思われた方、ぜひ2週間『イミダゾールジペプチド』を摂取し続けてください。そうすれば、きっと「疲労」に負けない強いあなたに変われるハズ……。

継続は力なり。続けることで「疲労」に強い体に! グラフ