鶏胸肉の効果を最大限に生かすレシピ

イミダゾールジペプチドは、鶏の胸肉部分に豊富に含まれています。
鶏胸肉をおいしく食べて、疲労に強い体作りを目指しましょう。
鶏胸肉から効率よくイミダゾールジペプチドを摂るには、何といってもスープ※がおすすめ。

※鶏胸肉を30分以上煮込む必要があります。

鶏肉のリンゴ煮

鶏肉のリンゴ煮 完成イメージ

材料

鶏ムネ肉(120g位のもの)
4枚
リンゴ
1コ
タマネギ
1/4コ
バター
30g
コーンスターチ
大さじ1・1/2
シードル(ドライ)
400ml
チキンブイヨン(固形)
1/2コ
白ワイン
大さじ2
少々
コショウ
少々
ローズマリー(乾燥)
少々
サラダ油
適量
★ミントの葉
適量

作り方

(1)
鶏肉は塩・コショウ・ローズマリーをふります。
(2)
リンゴは皮、芯を除き、イチョウ切りにし、タマネギはみじん切りにします。
(3)
フライパンにサラダ油を熱し、(1)の表面をこんがりと焼きます。
(4)
厚手鍋にバターを溶かし、タマネギ・リンゴの順に入れて薄く色づくまで炒め、コーンスターチをふり入れて炒めます。
(5)
シードルを加えてアルコール分をとばし、刻んだブイヨン・(3)を加えて、弱火で約20分煮込みます。
(6)
最後に白ワインを加えて少し煮、塩・コショウで味を整えます。
ミントの葉を飾ってもよいでしょう。

チキンのトマト煮込み

チキンのトマト煮込み 完成イメージ

材料

鶏肉(ムネ)
250g
コショウ
少々
ローズマリー(乾燥)
少々
ニンニク
1片
タマネギ
150g
ニンジン
50g
セロリ
20g
バター
25g
白ワイン
大さじ2
トマトホール(缶詰)
200g
トマトジュース
50ml
薄力粉
大さじ1
砂糖
小さじ1
少々
コショウ
少々
ローリエ
1枚
オリーブ油
大さじ3
★パセリ
少々

作り方

(1)
鶏肉は4つに切り、コショウ、ローズマリーをふりまます。
(2)
ニンニク、タマネギ、ニンジン、セロリは粗みじんに切ります。
(3)
フライパンにバターを熱し、(1)に焼き色をつけ、白ワインをふって、耐熱性容器に移します。
(4)
鍋にオリーブ油を入れ、ニンニクを炒め、タマネギ、ニンジン、セロリを加えて炒め、薄力粉を加えて更に炒めます。
(5)
トマトホール、トマトジュース、ローリエを加えて煮立て、砂糖、塩・コショウで調味します。
(6)
(3)に(5)を入れ、ガス高速オーブンで焼きます。(250℃に予熱し約20分)
(7)
器に盛り、みじんパセリをふります。

キノコと鶏肉のリゾット

キノコと鶏肉のリゾット 完成イメージ

材料

1合
シメジ
100g
マッシュルーム(スライス)
50g
ニンジン
50g
タマネギ
1/2コ
ニンニク(みじん切り)
1片
鶏ムネ肉
150g
ブイヨン
4カップ
バター
大さじ2
少々
コショウ
少々
トマト
1/2コ
アサツキ
少々

作り方

(1)
米は炊く1時間位前に洗っておきます。
(2)
シメジは石づきを取って洗い、小房に分けます。
(3)
タマネギは1cm位の角切り、ニンジンは1cm角、3mm厚さの色紙切りにします。
(4)
鶏肉は小さく切り、軽く塩、コショウします。
(5)
厚手鍋にバターを溶かして、ニンニクを炒め、(3)、マッシュルーム、(4)を炒めます。
(6)
(5)に(1)を加えて炒め、ブイヨン2カップを加えて、強火で炊きます。沸とうすれば、ブイヨン2カップ、(2)を加え、塩、コショウして、弱火で炊きます。
(7)
炊き上がれば、1cm位の角切りにしたトマトを混ぜ込み、小口切りのアサツキを散らします。
まめ知識 ヘッダ
イミダゾールジペプチドの効果に大阪市も期待!

去る5月、産学連携であるプロジェクトが実施されました。それが抗疲労を考えたランチ「活生気御前」の販売です。販売されたのは、なんと大阪市役所の食堂「SAKURA」。大阪市と市の中小企業と専門機関によって開発されたこのランチは、イミダゾールジペプチドを多く含む鶏胸肉料理「鶏胸肉と長芋のはさみ天ぷら」をメインに、20種以上の食材を使った料理がそろいました。試食に訪れた平松大阪市長も「味もいい。100点」と好評価。
今後、大阪市を中心に抗疲労メニューがどんどん開発されるかもしれません。「今日も疲れた~」と最近バテ気味の方、今夜のおかずは鶏胸肉にしませんか?