最強の抗疲労成分
「イミダゾールジペプチド」

イミダゾールジペプチド
秘められた

最強の抗疲労成分
「イミダゾールジペプチド」

イミダゾールジペプチドと疲労との関係

労は、過度な運動や仕事などで過剰に発生した活性酸素本来は、細菌から身体を守る働きをもっていますが、過剰になると細胞や遺伝子にダメージを与えます。詳しくはこちらによる酸化ストレス生体内で酸化反応と抗酸化反応のバランスが乱れ、活性酸素種が過剰になり、酸化状態に傾くこと詳しくはこちらで、細胞が傷つけられることが原因で起こります。
そして、疲労対策として最も効果的だったと科学的に実証(産官学連携プロジェクト「健康予防医療産業振興プロジェクト」を推進する大阪市、大阪市立大学などの5つの大学、大手食品メーカーや医薬品メーカーなど18社が連携して行ったプロジェクト。詳しくはこちらにより)された成分が「イミダゾールジペプチド」だったのです。
イミダゾールジペプチドには優れた抗酸化作用があり、活性酸素による酸化ストレスから引き起こされる疲労を軽くする効果があると報告されています。

イミダゾールジペプチドは、肉体や精神的疲労からアルツハイマー型認知症、睡眠にまで良い影響

×閉じる

肉体疲労や精神疲労
への対策

肉体疲労や精神疲労など
あらゆる疲れに機能的に働く

間が他の動物と違うのは、筋肉と同じくらい頭脳も酷使しているということです。
つまり、肉体的な疲労とデスクワークなどの精神的な疲労を同時に感じているのです。
この2つの疲労は、別々のもののように思われていますが、活性酸素が細胞を傷つけ疲労に繋がるメカニズムは、肉体的疲労でも精神的疲労でも同じなのです。
だからこそ、活性酸素をもっとも効率的に緩和させるイミダゾールジペプチドはあらゆる疲れに対して期待されるのです。

増えすぎてしまった活性酸素を除去させる効果

×閉じる

睡眠の質も
改善されると期待

悪玉の活性酸素を緩和し、
刺激を受けた自律神経を鎮める

れに対してとても有効な睡眠ですが、時間ではなく質が重要です。
慢性的な疲労感を訴えている方の多くが、同時に睡眠に関する問題を抱えている場合もあります。
疲れているのに眠れないとなると、さらに疲れがたまってしまう…そんな悪循環をイミダゾールジペプチドが断ち切ってくれます。
イミダゾールジペプチドは悪玉の活性酸素を取り除くことで、刺激を受けた自律神経を鎮め、心地良い眠りへと誘ってくれます。

睡眠は量より質が大切

×閉じる

アルツハイマー型
認知症への可能性

2014年農林水産研究成果
10大トピックスに選出

65歳以上の高齢者では7人に1人が認知症(「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」平成25年3月・朝田隆)という驚くべき数字も発表され、その数は今後も増えることが予測されています。
2014年3月、様々な臨床試験の結果「イミダゾールジペプチドには、記憶に関する脳部位の萎縮を抑制し、神経心理機能を改善する作用がある可能性がある」という発表が行われました。
この研究発表に対する反響はとても大きく、農林水産省が選定する『2014年農林水産研究成果10大トピックス』の1つにも選ばれました。

実験の結果イミダゾールジペプチドは記憶に関する脳部位の萎縮を抑制

×閉じる

イミダゾール
ジペプチド
概要

渡り鳥、回遊魚に
多く含まれる成分

イミダゾールジペプチドって何?

節によって住処を変える渡り鳥。その中には1年間に8万km以上(地球2周分)移動するものもいると言われています。
そのようなことが可能になる理由として、翼の付け根にイミダゾールジペプチドが豊富に含まれているということがあげられます。
イミダゾールジペプチドは、渡り鳥だけでなく様々な動物が元々もっている成分です。
動物の体内の最も酷使する部分に豊富に存在し、ヘトヘトにならないよう助ける働きをもっています。
鳥類ですとむね肉の部分、マグロやカツオなどの魚類は尾びれの部分に豊富に含まれています。

イミダゾールジペプチドは鳥類の付け根の筋肉に特に多く含まれている

×閉じる

イミダゾールジペプチドは
人間にも含まれている

加齢とともに
補充することが大切

ミダゾールジペプチドは、もちろん私たち人間にも存在し、特に自律神経中枢を含む脳と、主要な骨格筋に豊富に含まれています。
しかし、体内のイミダゾールジペプチドは70歳あたりになると30歳の時に比べて大きく減少してしまいます。
だからこそ継続してイミダゾールジペプチドを摂取して、体内濃度を若いころのように高めることが必要なのです。

加齢とともにイミダゾールジペプチドが減少する

×閉じる

有能な抗疲労成分の
「イミダゾールジペプチド」

疲労の激しい部分に
作用する仕組み

ミダゾールジペプチドは体内に吸収されると「ヒスチジン」と「β-アラニン」という2つのアミノ酸に分解されます。
これらのアミノ酸は血中ではほとんど消費されることなく浮遊しており、血管や脳幹を通り筋肉や脳などの疲労の激しい器官に運ばれ、そこで再びイミダゾールジペプチドへ合成されます。
再合成されたイミダゾールジペプチドはそこで「抗酸化作用」を発揮するのです。

体内で「ヒスチジン」と「β-アラニン」という2つのアミノ酸に分解

数少ない脳に届く抗酸化物質

ミダゾールジペプチドの他にも抗酸化作用体内の酸化を「さびた状態」とするなら、体の中をさび付かせないようにする作用です。詳しくはこちらを持っている成分はありますが、脳に到達することができるのは数少なく、ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどは到達することができません(疲れのポイントに届く前にその作用を失う)。
イミダゾールジペプチドは、脳など疲れている部位で再び再合成されますので、「疲れている部位にピンポイントで効く」成分であると言えるのです。

脳幹を通れるイミダゾールジペプチド

×閉じる

ヒト臨床実験を通じて
実証された抗疲労効果

イミダゾールジペプチドの
臨床実験とその結果

在、抗疲労に関する研究をしている大阪市立大学の研究チームの実験の結果、「イミダゾールジペプチド」には抗疲労効果があることが発表されました。
その内容は、「イミダゾールジペプチド」を4週間毎日摂取した後、4時間の自転車こぎ運動を行うというもの。
実験終了直後の疲労感において、「イミダゾールジペプチド」を摂取していない人は、摂取した人の約1.5倍、さらに実験終了4時間後は約2倍もの差がありました。
このことから、「イミダゾールジペプチド」には、疲労を予防をする力だけでなく、疲労回復力を高める力があると考えられます。

自転車エルゴメーターの様子

最も力を発揮するのは
継続摂取した2週間後

々な実験結果から、「イミダゾールジペプチド」が最も力を発揮するのは摂取開始数日後から、継続摂取した2週間後以降ということが分かってきました。
疲れた時にすぐ取るだけでは、せっかくの抗疲労効果もその力が存分に発揮されないのです。
「疲労」に打ち克つ体になりたい! そう思われた方、ぜひ2週間「イミダゾールジペプチド」を摂取し続けてください。
そうすれば、きっと「疲労」に負けない強いあなたに変われるハズ……。

イミダゾールジペプチドを継続摂取した2週間後の疲労感グラフ

×閉じる

近年最も注目されている
疲労対策成分

イミダゾールジペプチドの臨床実験とその結果

官学連携プロジェクトをきっかけに発見された「イミダゾールジペプチド」は、慢性的な疲労に悩む方々から大きな期待を持って迎えられました。
その結果、テレビや新聞、雑誌まで多くのメディアで扱われるようになりました。
「イミダゾールジペプチド」の研究はいまも休まず続けられていて、2016年春に発表された「認知症予防につながる研究」など、新たな可能性への期待も高まっています。
「イミダゾールジペプチド」は近年最も注目されている抗疲労成分といえるでしょう。

×閉じる

イミダゾールジペプチドの
効果的摂取方法

豊富に含まれる食材は
一般家庭でもお馴染みのお肉

肉類なら鶏のむね肉がおススメ

「イミダゾールジペプチド」が疲労回復効果を発揮するためには200~400mgを毎日摂取するのが理想とされています。
「イミダゾールジペプチド」は牛肉や豚肉、マグロなどにも含まれていますが、日常的によく摂る食材、かつ含有量が多いものとして「鶏のむね肉」が現在注目されています。

イミダゾールジペプチドは鶏むね肉に多く含まれる

摂取するなら煮汁を大切に

近コンビニでよく見かけるサラダチキンなどでも手軽に摂取することができますが、そのような商品は茹でているため、成分が流失しています。
摂るなら水分(煮汁)ごと摂取するのがおすすめですので、スープやカレーなどで摂取しましょう。
イミダゾールジペプチドは熱に強く、調理による損失がありませんのでその成分を余すところなく摂取できます。
みんなでおいしく鶏のむね肉を食べて、「イミダゾールジペプチド」で疲労に強いカラダを目指しましょう。

イミダゾールジペプチドを摂取するなら煮汁ごと摂取できるスープやカレーがオススメ

×閉じる

手軽に摂取できる
サプリメントもおすすめ

大切なのは純粋な成分と
イミダゾールジペプチドの量

日鶏のむね肉が続くことに抵抗があるのであれば、サプリメントと併用するのもおすすめです。
世の中には様々なサプリメントがあり、中には疲労回復効果を発揮するために必要な量(イミダゾールジペプチド200mg)を満たしていないような商品や、成分はわずかしか入っていないのに、「イミダゾールジペプチド含有チキンエキス200mg」(実際はイミダゾールジペプチド20mg〜30mg)と誤解を招くような表記の商品も見受けられます。
大切なのは、チキンエキスの量ではなく、純粋なイミダゾールジペプチドの成分量ですので、しっかり効果を得たいのであれば、きちんとした商品選びをしなければいけません。

イミダゾールジペプチドをサプリメントで摂取する際は純粋な成分と含有量に注目

×閉じる

ビタミンCと併わせて
摂取すると効果アップ!

より効果を早く実感するために

労の原因は、活性酸素によって細胞が酸化してしまうこと。
それでは、抗酸化作用を持つビタミンCは、疲労軽減にも効果があるのでしょうか。
大阪市立大学医学部疲労医学教室において行われた実験で、ビタミンCにはイミダゾールジペプチドの効果をより早く実感させる働きがあることが明らかになりました。
イミダゾールジペプチドを摂る際には、ぜひビタミンCを一緒に摂取してみてください。

イミダゾールジペプチドはビタミンCと同時摂取で実感アップ!

×閉じる